大手と地域密着型の不動産会社!家探しをするならどっちがおすすめ?

公開日:2023/05/01  最終更新日:2023/04/24

不動産

家探しをする際、どこの不動産会社に依頼をするか、多くの方が悩みます。不動産会社といっても、全国規模の大手から地域密着型までたくさんの会社があるので、迷ってしまうでしょう。そこでこの記事では、不動産会社を探している方に向けて、大手と地域密着型、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

大手不動産会社のメリット・デメリット

まずは、大手不動産会社のメリット・デメリットを紹介します。大手の不動産会社は、多くの方が名前を耳にしたことがあり、全国規模の企業であることが一般的な認識です。安心感という大きなメリットがありますが、大手ならではの注意点もあるので、不動産会社選びの参考にしてください。

知名度が高く安心感を得られやすい

大手と呼ばれる不動産会社は、CMやインターネットなど、さまざまな媒体で広告をしているため、知名度が高い傾向があります。耳にしたことがあるという安心感と、豊富な取引実績を確認できるため、初めて部屋を探すという方でも、お店に行きやすいというのがメリットです。

広いエリアで探すことができる

大手の不動産会社は、複数の店舗を持っている場合が多く、広い範囲で部屋探しができます。最初に訪れた店舗の範囲で見つけられなくても、別店舗に引き継いでもらう際に情報を共有してもらえるので、手間も少なく済むのがメリットです。

情報が得やすくキャンペーンなどもある

大手の不動産会社は、自社のWebサイトを頻繁に更新しているところも多く、情報を得られやすいのもメリットです。取り扱っている不動産はもちろん、店舗やスタッフの雰囲気、キャンペーンなどの情報を知ることができます。

対応が遅れることがある

大手の不動産会社は知名度も高いため、お客さんの数も比較的多く、対応が遅れることもあります。担当者が不在だったり、お店が混雑していたりすると、思うように部屋探しができないことも考えられるのが注意点です。

オプションサービスが多い

大手の不動産会社は、マニュアルがしっかりしているところが多く、サービスが安定しているというメリットがあります。しかし、細かいオプションサービスも多く、無駄な費用を払ってしまう危険性があるのは、注意すべき点です。

ほとんどの場合は、必要でありお得なサービスですが、サービス内容と料金をしっかり確認し、必要なものだけ依頼しましょう。

地域密着型不動産会社のメリット・デメリット

ここからは、地域密着型不動産会社のメリット・デメリットを紹介します。地域密着型不動産会社は事務所周辺のエリアに強く、地元で豊富な実績を持っている会社が多いです。

特定エリアに精通しており詳しい情報を得られる

地域密着型の不動産会社は、特定の地域に精通している傾向があり、その土地の詳しい情報を得やすいです。周辺地域のお店などは調べれば分かりますが、時間帯によっての交通量や治安など、その土地に根付いているからこそ分かることがあります。

担当者と密に付き合いやすい

地域密着型の不動産会社では、店舗がひとつだったり、少人数体制だったりするところも多いので、担当者と深く長く関われる可能性が高いです。大手のように部署移動などが考えにくいので、部屋を借りてからも、相談などがしやすいでしょう。

大家さんや地元の人とのつながりが強く柔軟な対応が期待できる

地域密着型の不動産会社は、長い付き合いがある大家さんや会社も多い傾向があり、貸主の好意などでお得に部屋を借りられることもあります。マニュアルに沿った対応だけではなく、状況に応じたサービス提供をしてもらえるのも、メリットのひとつです。

対応エリアが比較的狭い

地域密着型の不動産会社は、大手に比べると、物件の対応エリアが狭い傾向があります。特定の地域に強いというのはメリットですが、いい物件が見つからなかった場合は、不動産会社を変える必要があるかもしれません。

情報が少ないことがある

最近では家探しをする際、インターネットやSNSで、情報を事前に集めるのが一般的です。しかし、地域密着型不動産会社の場合、大手と比較すると、会社や取り扱い物件の情報が少ないことがあります。事前に把握できることが少ないため、店舗に行くハードルが高くなってしまうのは、地域密着型のデメリットです。

家探しをするならどっちがおすすめ?

ここまで、大手と地域密着型の特徴をそれぞれ紹介しました。最後に、どちらに依頼したらいいのか、判断するポイントを紹介します。

大手不動産会社がおすすめできる人

広いエリアで家探しをしたい方には、大手の不動産会社がおすすめです。大手の不動産会社は、広範囲に物件を持っている傾向があり、店舗も各エリアにあります。気に入ったエリアに別の店舗があれば、情報を引き継いでくれる可能性もあり、不要な手間がかかりにくいのがメリットです。

地域密着型の不動産会社がおすすめできる人

住みたい地域が決まっていて、その土地に詳しくない方には、地域密着型の不動産会社がおすすめです。地域密着型の不動産会社は特定のエリアに強いため、物件だけではなく、地域の詳細な情報を提供してくれます。見知らぬ土地で家探しをする際は、地域の特徴も把握しておくことが重要です。

まとめ

この記事では、不動産会社を探している方に向けて、大手と地域密着型それぞれを利用するメリット・デメリットをご紹介しました。おすすめできる不動産会社は、探す人の状況によって変わります。また、大手や地域密着型のなかにも、さまざまな特徴を持った企業があるので、家探しで大切にしたいことに合った不動産会社を見つけてください。

WRITER沢野圭太
埼玉県出身。不動産歴6年。
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナーとしての視点で不動産情報を日々発信しています。
自身も不動産屋として接客の経験を持ち、本当に求められる安心できる不動産屋情報の発信に努めています。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

賃貸でよく目にする「ハイツ」とはどんな物件なのでしょうか。この記事では、その意味やほかの名称との違い、特徴について解説します。ハイツのポイントを押さえながら、アパートやマンションとの比較も行
続きを読む
テラスハウスは、その名前から居心地のよさや開放感が感じられますが、実際はどのような物件なのでしょうか?この記事では、テラスハウスの魅力的な特徴や住む際のメリット・デメリットを掘り下げてご紹介
続きを読む
内見時のチェックで重要なのは壁の厚さと防音性です。これらは快適な生活に直結するポイント。本記事では、内見の際にどのようにして壁の厚さを確認し、防音性をチェックするかについてご紹介します。物件
続きを読む