家賃は給料の何割が目安?理想の家賃相場について解説!

公開日:2023/04/15  最終更新日:2023/03/28


これから新しい物件を借りたいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。家賃を調べていると自分が想像していたよりも高くて驚いている人もいるでしょう。自分の収入に応じた場所で暮らすようにしましょう。生活費を限界まで切り詰める生活は大変なので、理想と現実の両方を見るようにしてください。

家賃は給料の3割が目安って本当?

給料の3割が家賃という考えは、すべてに該当するわけではありませんが、家賃が占める割合が大きすぎないようにしなければいけません。

手取りとは

家賃を考えるときに手取りの3割が理想といわれます。手取りとは、給与から保険料や税金を控除したものをいいます。そのため、給与よりも少ない金額になるので勘違いしないようにしてください。

手取りの3割とは

手取りが15万円の場合、3割は4万5,000円です。手取りが20万円の場合、3割は6万円です。手取りが25万円の場合、3割は7万5,000円です。

家賃は給料の3割が目安なのか

こちらはすべての人に該当するわけではありません。なぜなら住む場所によって家賃が大きく変わるからです。たとえば、首都圏の家賃と郊外や田舎の家賃は、同じ間取りでもまったく異なります。首都圏で部屋を借りる場合は、ワンルームでも5万円以上はかかります。それより安い家賃では、風呂無し、トイレや洗面所は共用などとなっています。反対に、郊外や田舎で部屋を借りようとしたときに、5万円以上あれば2LDKに住むことも可能です。

給料の3割以上の物件に住むこともある

首都圏などでは、給料の3割以上の物件に住むこともあります。そのようなときは、そのほかの生活費を見直すようにします。たとえば、郊外や田舎では所有していることが一般的となっている車を持たないようにすることで、駐車場代やガソリン代を削減できます。タクシーを使用せずに公共交通機関を利用することで、交通費を削減できます。このように工夫することで生活を送れるようになります。

手取り別に家賃をシミュレーション

実際にシミュレーションすることで、生活にかけられるお金が見えてきます。

手取り15万円の場合

家賃は4万5,000円です。食費は3万6,000円になるので、1日の食費は1,200円となります。外食を極力控えた生活を送ることになるでしょう。水道光熱費は1万5,000円です。電気とガスを一緒に契約できるプランや、夜間に電気を多く使用する人に向けたプランに加入するなどして工夫しましょう。

携帯電話代などの通信費は7,000円です。通信費は不要なオプションに加入しないようにしましょう。毎月5,000円貯金するようにすると、交際費や娯楽費を限りなく少なくする必要があります。生活に少し余裕が無いので、ある程度は預貯金を切り崩しながら生活を送ることになるでしょう。

手取り20万円の場合

家賃は6万円です。毎月2万円の貯金を目標にした場合でも、手取り15万円の場合と比較すると生活に余裕が生まれます。ただし、交際費や娯楽費に散財できるほどの余裕はありません。家賃を6万円に抑えられることに加え、贅沢な生活を送らないことがポイントになります。

手取り30万円の場合

家賃は9万円です。毎月3万5,000円の貯金を目標にした場合でも、交際費と娯楽費に4万円程度は使用できるでしょう。食費も5万円は支出できるので、1日の食費は1,666円になります。平日の昼食を定食屋で食べることや、週末に外食することが可能になるでしょう。生活に余裕が生まれますが、欲しいものを何でも購入できるほど贅沢な暮らしを送れるわけではないので、散財には注意が必要です。

家賃を決めるときに気をつけること

少しでも家賃を抑えるためにできることがあります。いくつか方法を紹介するので参考にしてください。

駅から少し離れた物件を選択する

たとえば、通勤や通学などで駅を利用しないのであれば、駅から近い物件に住む必要はありません。大抵の場合、駅から近い物件は家賃が高くなっているからです。そのような人は、駅から少し離れた物件を選択しましょう。

築年数が古い物件を選択する

新築の物件は、最新の設備や清潔感などから家賃が高くなっている傾向があります。多少設備が古くても問題ない場合は、築年数が古い物件を選択しましょう。最近では、築年数が古い物件でも室内をリフォームしていることがあります。見た目だけで判断しないようにしましょう。

同じマンションでも家賃が安い部屋を選択する

たとえば、日当たり良好で少し部屋の大きさが大きい角部屋は、毎月の家賃が数千円高い場合があります。同じマンションでも真ん中の部屋や1階の部屋などが安くなっている場合があるので、そのような部屋が空いていれば入居を希望しましょう。

まとめ

生活費を実際にシミュレーションしてみると、計画的にお金を使用しないといけないことが分かります。毎月なんとなくお金を使用していると、いつの間にかお金が底をついていることが珍しくありません。そのようなことにならないように、収入に合った物件を選択しましょう。家賃の支払いが滞ると最悪の場合、強制的に引っ越しさせられる可能性があります。また、次に物件を借りるときに制限を受ける可能性もあるので、自分で自分の首を絞めないように気を付けてください。

WRITER沢野圭太
埼玉県出身。不動産歴6年。
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナーとしての視点で不動産情報を日々発信しています。
自身も不動産屋として接客の経験を持ち、本当に求められる安心できる不動産屋情報の発信に努めています。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

賃貸でよく目にする「ハイツ」とはどんな物件なのでしょうか。この記事では、その意味やほかの名称との違い、特徴について解説します。ハイツのポイントを押さえながら、アパートやマンションとの比較も行
続きを読む
テラスハウスは、その名前から居心地のよさや開放感が感じられますが、実際はどのような物件なのでしょうか?この記事では、テラスハウスの魅力的な特徴や住む際のメリット・デメリットを掘り下げてご紹介
続きを読む
内見時のチェックで重要なのは壁の厚さと防音性です。これらは快適な生活に直結するポイント。本記事では、内見の際にどのようにして壁の厚さを確認し、防音性をチェックするかについてご紹介します。物件
続きを読む