賃貸物件は不動産会社によって違う?賃貸物件の広告の仕組みを解説

公開日:2023/05/15  最終更新日:2023/04/24

賃貸

最近では賃貸物件を探す際、インターネットを活用して部屋を探す方が多くなっています。しかし、インターネットに掲載されている物件は数多く、不動産会社によって違いもあるため、どのように探していいか分からなくなることもあるでしょう。この記事では、不動産会社によって賃貸物件に、どのような違いがあるのかをご紹介します。

近年の賃貸物件はネットに掲載されている

最近は、まずはインターネットを活用して、どんな賃貸物件があるかを調べる方が多くなってきました。インターネットが普及し、各不動産会社が取扱い物件を多数掲載しているのが理由です。

また、ポータルサイトと呼ばれる各不動産会社の物件が掲載されているWebサイトも、多くの方が利用しています。ちなみに、ポータルサイトの名前は不動産会社名ではありません。大きな箱の中に、それぞれのお店が扱う物件が入っている形です。

インターネットで賃貸物件を探す方法として、ポータルサイトか不動産会社が運営しているホームページから調べる、2パターンが一般的になります。

ネットで調べる際の注意点

インターネットで賃貸物件を調べることは、短時間でたくさんの情報を得ることが可能で、とても便利です。しかし、むやみに調べていると、理想の部屋を見つけられないだけでなく、おとり広告や誇大広告に引っかかってしまう危険性もあります。

もちろん、おとり広告・誇大広告は、不動産会社がしてはいけないことですが、絶対にないとはいえません。気になる物件があっても焦らず、同じ会社の他物件を調べたり、類似の部屋をチェックしたりするようにしましょう。

取り扱っている賃貸物件は不動産会社によって違う?

インターネットで賃貸物件を探す際、似たような部屋、または同じ部屋を見かけることがあります。不動産会社は全国に多数あり、賃貸物件も同じようにたくさんあるのです。

不動産流通管理ネットワークのレインズ

不動産業界には、レインズというネットワークシステムが存在します。レインズは、国土交通大臣から指定を受けた、不動産流通機構が運営している不動産の流通管理システムです。レインズの大きな目的は、物件の情報を共有することで、適正価格で取引をできるようサポートすること。

仕組みとしては、不動産オーナーからや賃貸の依頼を受けた不動産会社が、物件情報をレインズに登録します。レインズに登録している不動産会社は、物件情報を見ることが可能です。

同じ賃貸物件が複数の不動産会社で取り扱われていることもある

上記で紹介したとおり、同じ賃貸物件が、複数の不動産会社で取り扱われることはよくあります。しかし、同じ物件でも細かな情報に違いがあることも少なくありません。

ほとんどの場合、部屋探しに大きな影響を与える違いではありませんが、不動産会社によって情報の更新タイミングが違うので、気になる物件があるときは、複数調べることをおすすめします。

同じ物件が複数の不動産会社で紹介されているときのポイント

では、同じ物件が複数の不動産会社で紹介されているときは、どのように依頼先を決めればいいのでしょうか?賃貸を探す際、もちろん部屋選びは重要です。しかし、それと同等に、不動産会社選びも大切になってきます。部屋自体は、細かい情報に違いはあっても、内見で確認可能です。

どこに違いが出るかというと、ほとんどの方が優先的に検討する、費用が変わります。不動産会社に部屋探しを依頼し、賃貸借契約をすると、仲介手数料というものが発生するのです。不動産会社が受け取っていい仲介手数料は、家賃1か月分と消費税までと、法律で決まっています。

しかし、最低額は決まっていないので、少しでも安い不動産会社に依頼したいところです。気になる物件が見つかっても焦らず、ほかに掲載している不動産会社がないか、ある場合は、仲介手数料や詳細を確認するようにしましょう。

複数の不動産会社で賃貸物件を探すのはNG?

不動産会社は数多くあるので、ひとつの店舗に絞れないという方もいます。基本的には、複数の不動産会社を利用して、賃貸物件を探すのは問題ありません。

しかし、あまりにも色んな不動産会社で探すと、自分自身がきつい状態になります。たくさんの情報を得ることはできても、整理ができず、考えがまとまらないことになるかもしれません。

焦って契約するのはいけませんが、もっといい物件があるかもと探し続けている間に、気になっていた部屋が埋まってしまったという話はよくあります。とくに、新年度前などは、不動産業界にとって繁忙期です。そういった時期に部屋探しをする場合は、思いきった決断も大事になります。

しかし、内見はしっかり行い、自分自身が納得した上で契約することが大前提です。

まとめ

この記事では、賃貸物件を、インターネットで探す際のポイントをご紹介しました。最近はネットでさまざまな部屋を見られるため、事前に情報を集められ、部屋探しをスムーズに行えます。

しかし、ネットの情報だけを鵜呑みにしてしまうと、思った部屋と違った、掲載されている情報と違ったなど、困ったことになる危険性があるのです。信用できるサイトを使い、気になる物件があっても焦らず、情報を比較しながら部屋探しを進めてください。

 

WRITER沢野圭太
埼玉県出身。不動産歴6年。
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナーとしての視点で不動産情報を日々発信しています。
自身も不動産屋として接客の経験を持ち、本当に求められる安心できる不動産屋情報の発信に努めています。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

賃貸でよく目にする「ハイツ」とはどんな物件なのでしょうか。この記事では、その意味やほかの名称との違い、特徴について解説します。ハイツのポイントを押さえながら、アパートやマンションとの比較も行
続きを読む
テラスハウスは、その名前から居心地のよさや開放感が感じられますが、実際はどのような物件なのでしょうか?この記事では、テラスハウスの魅力的な特徴や住む際のメリット・デメリットを掘り下げてご紹介
続きを読む
内見時のチェックで重要なのは壁の厚さと防音性です。これらは快適な生活に直結するポイント。本記事では、内見の際にどのようにして壁の厚さを確認し、防音性をチェックするかについてご紹介します。物件
続きを読む