一人暮らしならどんな間取りがおすすめ?知っておきたい部屋のタイプ

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/08/05


一人暮らしするために賃貸物件を探しているとき、さまざまな種類があって迷ってしまうことありませんか。とくに初めて一人暮らしする方は「どのような間取りがいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。今回は一人暮らしにおすすめの間取りや、それぞれの特徴についてご紹介します。

もっともシンプルなワンルーム

ワンルームとは、室内にドアなどの仕切りがなく、一つの空間となっている間取りを指します。部屋全体が広く見え、開放感があります。

最大のメリットは、ほかの間取りに比べて家賃が安いことでしょう。コンパクトな分掃除も簡単で生活しやすい面もありますが、キッチンと居室がつながっているため、衣類などに料理の臭いがうつってしまうことあるので、頻繁に料理をする方にはあまり向いていないかもしれません。ロフトが付いているタイプも多いです。玄関から部屋全体が丸見えになってしまう物件も注意が必要です。

もっともスタンダードな1K

1Kは、居室とキッチンがしっかりと区切られている間取りを指し、一人暮らし向けとしてスタンダードなタイプです。仕切りがあることで玄関から居室の中が丸見えになることもなく、料理の臭いも軽減されるでしょう。

ただし、キッチンは4.5帖未満なのであまり広くはなく、調理スペースは充分確保できますが、収納棚や冷蔵庫は居室に置かなくてはいけない物件もあります。家賃相場はワンルームよりもやや高めな傾向ですが、築年数やエリアの条件次第ではあまり変わらない場合もあります。

ちょっと広い部屋に住みたいなら1DK

1Kよりももう少し広い部屋に住みたい方には、1DKもおすすめです。1Kと同様にキッチンと居室の間に仕切りがあり、キッチンが1Kよりも広い4.5帖以上となっている間取りです。DKはダイニングキッチンの意味で、食事をするスペースがあるということです。

4.5帖ではダイニングテーブルを置くことは難しいですが、6帖程度あればゆったりとできます。キッチンに収納があったり、コンロが2口ある物件も多いので、料理好きな方には嬉しいかもしれませんね。1DKは以前人気だった間取りのため、少し古めの物件が多い傾向にありますが、その分1Kと変わらない家賃で見つかることもあります。

お金に余裕があるなら1LDK

1LDKは、1DKよりもさらにキッチンが広くなり、8帖以上ある間取りのことを指します。DK(ダイニングキッチン)にリビングスペースが(L)がつくことで、ソファやテレビを置くこともできます。最大のメリットは、くつろぐスペースと寝室を分けることができるので、生活にメリハリがつきやすく、友人なども招きやすいことでしょう。将来的に同棲を考えている方にもおすすめです。ただし、ほかの間取りに比べ家賃は高くなり、広くなる分光熱費なども上がります。

2部屋欲しいなら2Kもおすすめ

物件数としてはあまり多くありませんが、2つの部屋がある2Kという間取りもあります。6帖未満のキッチンと仕切られた居室が2つあるタイプです。1DKと似ているように思えますが、目安としてDKはキッチンが6帖以上となります。専有面積はほとんど変わらないので、生活スタイル合わせて選ぶのがよいでしょう。家賃は安めですが築年数が古い物件が多いので、リフォーム済みの物件などをうまく見つけるとお得に生活できるでしょう。

まとめ

一人暮らし向けの物件といっても、生活スタイルによって人それぞれ求めるものは違いますよね。迷ってしまうときは、自分の中で優先順位を考えてみましょう。家賃の安さ、キッチンの広さ、快適さ、友人を呼びたい、など何を重視したいかを決めると、それに合った間取りが見えてくるはずです。部屋選びをぜひ楽しんでください。

おすすめの不動産屋ランキング
WRITER沢野圭太
埼玉県出身。不動産歴6年。
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナーとしての視点で不動産情報を日々発信しています。
自身も不動産屋として接客の経験を持ち、本当に求められる安心できる不動産屋情報の発信に努めています。
迷った方にはこの会社がおすすめ!

リブスター

リブスターの画像

リブスターはオーナーとのしがらみがない為、仲介物件の選択肢が実質的に幅広くなっています。初めてのお引越しで何もわからない方や初めて池袋周辺に住む方にも周りの情報などを含めて手厚くサポートしてくれるので極めて安心できる不動産屋です。

集客を主に口コミと評判だけに任せているのがリブスターの大きな特徴です。その為スタッフの接客対応が他の不動産屋と違い最初のヒアリングで時間をかけて色々と話しをして優しく的確なアドバイスももらえるのでその後信頼関係が生まれ安心して楽しく物件探しが出来るイメージです。さらにリブスターは予約制で行っているのでスタッフが丸一日時間を使って徹底的に条件に合った物件探しのサポートをしてくれます。

SEARCH

CONFLICT

NEW POST

不動産取引において不可欠と言われるもののひとつに仲介手数料があります。しかし、不動産を売る場合もしくは買う場合に発生する仲介手数料とはどのようなものなのか、詳しく知らない人も多いかもしれませ
続きを読む
不動産の売買を考える人のなかには、親族や友人など知り合いに売却したいケースもあるかと思います。しかし、不動産会社を挟まずに個人間で売買の取引を進めてよいのか、気になる点でもあります。この記事
続きを読む
賃貸生活は快適であるべきですが、時には隣人とのトラブルが発生することもあります。この記事では、賃貸物件における隣人トラブルの主なケースと、それに対処する方法について探ります。今回ピックアップ
続きを読む