不動産売買時の仲介手数料とは?計算方法や支払いタイミングのポイントを解説

公開日:2024/05/15  最終更新日:2024/02/01

計算方法

不動産取引において不可欠と言われるもののひとつに仲介手数料があります。しかし、不動産を売る場合もしくは買う場合に発生する仲介手数料とはどのようなものなのか、詳しく知らない人も多いかもしれません。今回の記事では、不動産売買時にかかる仲介手数料に注目して、その計算方法やどのタイミングで支払うべきなのかについて解説します。

不動産売買における仲介手数料とは

不動産売買の仲介手数料とは、不動産の売買が成立した際に不動産会社に支払う手数料、つまり成功報酬のことを指し、売主と買主がそれぞれ負担します。仲介手数料は取引金額に応じて発生し、その金額には法律で定められた上限がありますが、下限は定められていません

仲介手数料が発生する主なケースは、売主が不動産会社に売却の仲介を依頼し、買主が不動産仲介業者を通じて物件を購入する場合です。この場合は、物件の案内から契約書の作成、引き渡しまでの一連の工程が含まれます。

仲介手数料の金額を決める計算方法

不動産売買において、仲介手数料はさまざまな要因に基づいて計算されます。手数料の金額は、宅地建物取引業法によって厳密に規定されており、売買価格に対する一定の比率を基に計算されます。

一般的な計算式は「売買価格×3%+6万円+消費税」であり、この式を用いて仲介手数料が算出されます。具体的な例をあげると、3,000万円の物件の場合、仲介手数料は約105万6,000円になります。

金額は、物件の取引価格に対して3%が手数料として課せられ、それに6万円と消費税が加算されたものです。仲介手数料の金額を決める計算方法には法的な上限が存在し、宅地建物取引業法によって明確に定められています。

宅地建物取引業法により、不動産会社は上限を超える手数料を請求できません。たとえば、売買価格が1,000万円の場合、仲介手数料の上限は約39万6,000円とされます。仲介手数料の計算方法は物件の価格に対して比率が適用されるため、取引金額が高額なほど手数料も増加します。

この仕組みから、不動産会社は取引の成功報酬を得る一方で、消費者は透明で公正な料金体系によって安心して取引に臨めます。計算方法の明確さと法的な規制により、不動産取引の仲介手数料に関するトラブルや紛争を防げるのでおすすめです。。

仲介手数料を支払うタイミングは?

仲介手数料は成功報酬であり、売買契約が成立するまで支払う必要はありません。この点が不動産取引において特徴的で、取引が成果を結ぶまで負担が発生しない仕組みとなっています。

また、手数料は売買価格が決定しないと算出できません。そのため、一般的な支払いタイミングは、売買契約が締結された際と物件の引き渡し時となっています。

通常、支払いは半金ずつ分割されます。支払いスケジュールは一般的ではありますが、契約書や交渉次第で変更される場合もあります。また、全額を一括で支払えます。不動産会社は売買契約が成立したら終わりではなく、引き渡しまでに各種の事務手続きなどが残っています。これにより、2回に分けて支払うのが賢明と言えます。

仲介手数料の支払いに関しては、現金での支払いが一般的です。しかし、現代の金融システムの進化により、振り込み対応が可能な場合もあります。不動産会社との事前の打ち合わせや契約締結前に、支払い方法について確認し、納得のいく形での取引条件を整えるのが大切です。

まとめ

不動産売買時の仲介手数料は、成功報酬制であり、取引成立まで支払う必要がないという特徴を持ちます。仲介手数料の金額は宅地建物取引業法に基づいて計算され、売買価格に応じた透明で公正な仕組みが整っています。支払いタイミングは、売買契約時と物件引き渡し時で、通常は半金ずつの分割支払いが一般的です。柔軟性がありながらも法的な規制があるため、トラブルの心配もなく安心して不動産取引に臨めるでしょう。

おすすめの不動産屋ランキング
WRITER沢野圭太
埼玉県出身。不動産歴6年。
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナーとしての視点で不動産情報を日々発信しています。
自身も不動産屋として接客の経験を持ち、本当に求められる安心できる不動産屋情報の発信に努めています。
迷った方にはこの会社がおすすめ!

リブスター

リブスターの画像

リブスターはオーナーとのしがらみがない為、仲介物件の選択肢が実質的に幅広くなっています。初めてのお引越しで何もわからない方や初めて池袋周辺に住む方にも周りの情報などを含めて手厚くサポートしてくれるので極めて安心できる不動産屋です。

集客を主に口コミと評判だけに任せているのがリブスターの大きな特徴です。その為スタッフの接客対応が他の不動産屋と違い最初のヒアリングで時間をかけて色々と話しをして優しく的確なアドバイスももらえるのでその後信頼関係が生まれ安心して楽しく物件探しが出来るイメージです。さらにリブスターは予約制で行っているのでスタッフが丸一日時間を使って徹底的に条件に合った物件探しのサポートをしてくれます。

SEARCH

CONFLICT

NEW POST

不動産取引において不可欠と言われるもののひとつに仲介手数料があります。しかし、不動産を売る場合もしくは買う場合に発生する仲介手数料とはどのようなものなのか、詳しく知らない人も多いかもしれませ
続きを読む
不動産の売買を考える人のなかには、親族や友人など知り合いに売却したいケースもあるかと思います。しかし、不動産会社を挟まずに個人間で売買の取引を進めてよいのか、気になる点でもあります。この記事
続きを読む
賃貸生活は快適であるべきですが、時には隣人とのトラブルが発生することもあります。この記事では、賃貸物件における隣人トラブルの主なケースと、それに対処する方法について探ります。今回ピックアップ
続きを読む