不動産購入時には立地に気をつけよう

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/08/02

土地付き建物など、今や池袋には建売住宅もたくさん誕生しています。土地勘のない人にとって、購入時に気をつけたいことといえば、立地だそうです。

ではどのような場所を選ぶのがいいのでしょうか。子どもと夫婦共働きの家庭を例にチェックしてみましょう。

まずは土地勘のある不動産会社に相談しよう

池袋は山の手3大副都心で、駅周りには大手百貨店などの商業(娯楽)施設も数多く誕生しています。交通面をチェックしてみれば、池袋駅は8路線からなる巨大ターミナルで、利便者数もそれなりに多いようです。

土地勘も分からずに初めて池袋周辺に住むことになる人もいるはずです。借りるのではなく、購入するのであれば失敗したくないもの、価格や築年数をチェックするよりも立地に気をつけてみましょう。ネット社会である昨今、不動産会社へ直接物件探しの相談に訪れる必要性も少なくなっています。情報はネット経由で共有化、これは遠方からならばメリットです。

しかし、池袋の物件に関して熟知している不動産会社でないと、条件に合った不動産を選定する基準、これを見極めるのは難しく、そうした情報を含めて手厚くサポートしてくれるのは不動産会社のウリです。

暮らすにしてもまずは安全対策が肝心

もっとも治安のいい場所を探すのならば「南口周辺」です。こうした内容は、子どもや高齢者との暮らしにおいて重要です。地域の安全性、防犯活動に積極的である不動産を購入しましょう。

検討中の不動産があるとして、周辺に不審者が現れることはないでしょうか。夜間の一人歩きを控えたり、ホームセキュリティー会社と契約を交わすなど、自分たちでできる対策もあります。

しかし警察署(駐在所)が近くにあることや、地域の町内会と協力してパトロールを実施していたり、防犯意識の高い立地であるのかをチェックしましょう。南口を例とすれば、夜中でも帰宅する人が目立ち、街灯も明るいので遅く帰宅する人におすすめです。

ほかに、閑静な住宅街が広がっている南口周辺は、教育機関も多数あり、学生に人気のようですから、子どもの進学による引っ越しにて購入を考えているのであれば、こうした治安のいい立地で選んでみましょう。

移動することも考えてから購入しよう

池袋に新居を設けるのであれば、まずはライフスタイルによって立地のチェックです。例えば、夫と妻の職場が異なるエリアにあるのならば、中間の距離にある不動産を選びましょう。意外にも長時間という通勤時間がストレスになることもあります。最寄り駅の乗降客数にも注目しましょう。

ただし、車を保有していれば、駐車場付きの物件ならバス便や駅から遠い立地でも問題ないといえます。その場合は、周辺に子どもが通える学校があるか、買い物に不便にならないショッピングセンターがあるかが重要です。不動産購入時、敷地内に駐車場がない場合もあるでしょう。その場合には、周囲に駐車場があるのか、こうした点も加味しましょう。

また、足を使って歩いてみましょう。子どもが犯罪に巻き込まれないようなしっかりとしたセキュリティがある、信号(横断歩道)が多いところ、坂道が少ないところなども抜かりなくチェックしましょう。

 

池袋にて土地や建物を購入したい考えでいるのならば、建物や土地だけでなく、立地に気をつけましょう。どこをチェックすべきなのか、まずは動線です。仕事や子育てに最適な環境であるのか、治安がいいことに尽きます。

もちろん、周囲のコミュニティーも重要です。加えて、通勤や通学などのアクセスもポイントですから、不動産会社は地域密着、地元について熟知しているところを選びましょう。そこで相談、しっかり現場をチェックしてから契約を交わしましょう。

おすすめの不動産屋ランキング
WRITER沢野圭太
埼玉県出身。不動産歴6年。
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナーとしての視点で不動産情報を日々発信しています。
自身も不動産屋として接客の経験を持ち、本当に求められる安心できる不動産屋情報の発信に努めています。
迷った方にはこの会社がおすすめ!

リブスター

リブスターの画像

リブスターはオーナーとのしがらみがない為、仲介物件の選択肢が実質的に幅広くなっています。初めてのお引越しで何もわからない方や初めて池袋周辺に住む方にも周りの情報などを含めて手厚くサポートしてくれるので極めて安心できる不動産屋です。

集客を主に口コミと評判だけに任せているのがリブスターの大きな特徴です。その為スタッフの接客対応が他の不動産屋と違い最初のヒアリングで時間をかけて色々と話しをして優しく的確なアドバイスももらえるのでその後信頼関係が生まれ安心して楽しく物件探しが出来るイメージです。さらにリブスターは予約制で行っているのでスタッフが丸一日時間を使って徹底的に条件に合った物件探しのサポートをしてくれます。

SEARCH

CONFLICT

NEW POST

不動産取引において不可欠と言われるもののひとつに仲介手数料があります。しかし、不動産を売る場合もしくは買う場合に発生する仲介手数料とはどのようなものなのか、詳しく知らない人も多いかもしれませ
続きを読む
不動産の売買を考える人のなかには、親族や友人など知り合いに売却したいケースもあるかと思います。しかし、不動産会社を挟まずに個人間で売買の取引を進めてよいのか、気になる点でもあります。この記事
続きを読む
賃貸生活は快適であるべきですが、時には隣人とのトラブルが発生することもあります。この記事では、賃貸物件における隣人トラブルの主なケースと、それに対処する方法について探ります。今回ピックアップ
続きを読む