賃貸物件の壁紙が剝がれてしまった!対処法や張替えにかかる費用はいくらかかる?

公開日:2023/07/01  最終更新日:2023/04/21


壁に物が当たってしまったり、汚れを取ろうとしてこすったりした際に壁紙が剥がれてしまったことはありませんか?「もしかして、全面張替え?いくらかかるんだろう…」と不安に思う人も少なくありません。そこで、壁紙が剥がれてしまった時は、誰が費用を負担するべきなのか解説するほか、剥げた壁の対処法や張替えにかかる費用を紹介します。

賃貸の壁紙が剥がれたら誰が費用を負担するのか

賃貸の壁紙が剥がれると、いくらかかってしまうのかと不安に思ってしまいます。しかし、経年劣化により壁紙が剥がれることも少なくありません。こうした場合、貸主と借主のどちらが費用を負担するのでしょうか?

経年劣化などは貸主

日焼けや汚れ・傷などの経年劣化は貸主、つまり大家さんの負担になります。経年劣化とは、自然に発生する劣化のことであり、普通に生活していれば当然ともいえる傷や汚れもこれに含まれます。

過失であれば借主

「釘やねじであけた穴から壁紙が剥がれた」「ポスターを両面テープで貼り付けて無理やり剝がしたら壁紙も剥がれた」こうした場合は借主、つまり部屋を借りた人が費用を負担します。これらは自然に発生する劣化ではなく、過失となるため、壁紙の張替え費用は借主の負担です。

「貼って剥がせる」とうたった両面テープなどで壁にポスターなどを張り付けている人もいますが、年数が経つと剥がれにくくなり、壁紙に張り付く可能性もあります。何年も張り続ける場合は、テープの劣化による影響も考慮したほうがよいでしょう。

張替えにかかる費用相場

量産品の壁紙であれば比較的安価ですが、汚れやにおい防止機能が付いている一般品の壁紙であれば少し高くなります。例えば量産品は1㎡あたり1,000円程度ですが、一般品は1,500円ほどです。

部屋の張替え

6畳であれば量産品は3万6,000円程度、一般品は6万7,500円程度です。部屋が広くなればなるほど、張り替える壁紙の量も増えるため、価格が高くなります。

なお、8畳であれば量産品で4万3,200円程度、一般品で8万1,000円程度となります。10畳は量産品が5万1,200円程度、一般品が9万6,000円程度です。12畳となると量産品が5万6,000円程度、一般品が10万5,000円程度になります。

キッチン・トイレ・洗面所の張替え

キッチンの張替えは量産品が4万8,000円程度、一般品が6万5,000円程度です。トイレは量産品が3万8,000円程度となり、一般品は6万6,000円程度となります。洗面所は量産品が4万円程度、一般品が5万円程度です。

こうした水回りの壁紙の張替え費用が高くなるのは、空間が狭く、作業が難しいからです。つまり、技術料が上乗せされることになります。

壁紙が剥がれてしまった時の対処法

壁紙の剥がれ方によっては自分で直したり、大家さんに直してもらうことも可能です。少しだけ剥がれたのであれば、自分で直してしまうとよいでしょう。

自分で直す

少しの剥がれであれば、自分で直してしまいましょう。接着剤で貼り付けるか、壁紙補修キットの使用がおすすめです。ホームセンターに壁紙クロス用の接着剤が販売されているため、そうした専用の接着剤を使用するとよいでしょう。壁紙補修キットには、はけや仕上げ用ローラーが付いているため、初心者でも簡単に補修できます。

大家さんに直してもらう

過失であっても、入居期間が6年以上の場合は大家さんが修繕費用を負担してくれるケースがあります。それは、ほとんどの壁紙の耐用年数は6年であるからです。耐用年数を過ぎたものは原因を問わず、貸主の負担となります。

しかし、この場合は大家さんに直接交渉するのではなく、部屋を借りた時の不動産屋を仲介してください。直接交渉するとトラブルになる可能性もあります。

まとめ

賃貸物件の壁紙の張替え費用や、剥がれてしまった時の対処法を紹介しました。日焼けや傷・汚れなど経年劣化によるものであれば、入居者が費用を負担する必要はありません。また、6年以上入居していれば、壁紙の耐用年数も超えているため、原因を問わず大家さん負担で壁紙を張り替えられます。「自分の過失だから…」と勝手に直してしまう前に、一度不動産屋に確認しましょう。

おすすめの不動産屋ランキング
WRITER沢野圭太
埼玉県出身。不動産歴6年。
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナーとしての視点で不動産情報を日々発信しています。
自身も不動産屋として接客の経験を持ち、本当に求められる安心できる不動産屋情報の発信に努めています。
迷った方にはこの会社がおすすめ!

リブスター

リブスターの画像

リブスターはオーナーとのしがらみがない為、仲介物件の選択肢が実質的に幅広くなっています。初めてのお引越しで何もわからない方や初めて池袋周辺に住む方にも周りの情報などを含めて手厚くサポートしてくれるので極めて安心できる不動産屋です。

集客を主に口コミと評判だけに任せているのがリブスターの大きな特徴です。その為スタッフの接客対応が他の不動産屋と違い最初のヒアリングで時間をかけて色々と話しをして優しく的確なアドバイスももらえるのでその後信頼関係が生まれ安心して楽しく物件探しが出来るイメージです。さらにリブスターは予約制で行っているのでスタッフが丸一日時間を使って徹底的に条件に合った物件探しのサポートをしてくれます。

SEARCH

CONFLICT

池袋不動産コラム

NEW POST

賃貸生活は快適であるべきですが、時には隣人とのトラブルが発生することもあります。この記事では、賃貸物件における隣人トラブルの主なケースと、それに対処する方法について探ります。今回ピックアップ
続きを読む
日本は地震が多い国ともいわれ、さまざまな災害においての対策が重要視されています。そしてそれは、賃貸物件での生活においても同じで、災害や緊急事態への備えは重要です。地道な備えが、安心で快適な賃
続きを読む
賃貸物件を探すときに、一部の物件では収納スペースが限られていることもあります。しかし、上手に活用することで快適な生活を送れます。この記事では、賃貸物件の収納スペースを最大限に活かすアイデアを
続きを読む