賃貸の更新料とは?相場を知ってお得に契約を更新しよう!

公開日:2023/09/15  最終更新日:2023/08/28


賃貸契約の更新料は、新しい契約期間への切り替え時に発生する費用です。この料金の意味や相場を理解することは、将来の家計に大きな影響を与えます。更新料の詳細や支払いの仕組み、節約のヒントについて探求していきましょう。正しい知識を持つことで、賢い契約更新ができるようになるでしょう。

賃貸の更新料とは?

賃貸住宅の場合、契約期間が終了した後、契約を更新する必要があります。この際に発生するのが「更新料」です。更新料の目的は、新たな契約期間を確保することで空室リスクを軽減すること、オーナーや不動産会社の手間や管理コストをカバーすることにあります。

更新料の金額は物件や地域によって異なり、数万円から数十万円が一般的です。この金額は、物件の人気度や需要・供給のバランス、地域の賃貸市場などに影響されます。また、更新料はオーナーや不動産会社によって異なるため、契約前に明確な金額を確認し、合意することが重要です。

更新料を支払うことで、賃借人は引き続き同じ住居に住むことができますが、経済的な負担となることもあります。そのため、次の契約期間における家賃の増加幅や、他の物件を探す方がコスト面で有利かどうかの検討をして、 将来の住まい計画に合わせた選択をすることが大切です。

更新料には支払い義務がある?支払わないとどうなるのか

賃貸住宅の契約期間が終了した後、新たな契約期間を迎えるために発生するのが「更新料」です。では、この更新料は本当に支払わなければならない義務があるのでしょうか?支払わないとどうなるのか、そのポイントについて見ていきましょう。

更新料の支払い義務

一般的に、賃貸住宅の契約を更新する際には、オーナーや不動産会社に対して一定の更新料の支払い義務が生じます。更新料は、一般的には1ヶ月分の家賃相当額が基準とされることが多いですが、物件や地域によって異なることもあります。

支払わないとどうなるのか

更新料を支払わない場合、いくつかのリスクや影響が考えられます。主なものは以下の通りです。

・契約更新が難しくなる

更新料を支払わない場合、不動産会社やオーナーは新たな契約を躊躇する可能性があります。これにより、現在の住居を継続することが難しくなるかもしれません。

・家賃の増額 

更新料を支払わずに契約を更新する場合、家賃の増額が行われることがあります。これは、新たな契約期間における適切な条件を確保するための措置です。

・法的な問題

契約に記載されている料金や条件に基づかずに更新料を支払わない場合、法的な問題が発生する可能性があります。契約違反と見なされることで、解約や違約金の支払いを求められることもあります。

一方で、状況によっては更新料を交渉する余地があることもあります。とくに物件の空室率が高い場合や、長期滞在の入居者である場合には、不動産会社との交渉によって更新料の軽減や免除を得ることができるかもしれません。

最終的には、契約書に明記された条件に基づいて更新料の支払いを検討し、将来の住まい計画や経済的な面を考慮して判断することが重要です。更新料に関する疑問や交渉については、不動産会社とオープンなコミュニケーションを図ることが賢明です。

更新料の相場とお得な契約更新方法

賃貸住宅の更新料は物件や地域によって異なります。適切な相場を知りながら、お得な契約更新方法を見つけることが大切です。ここでは、更新料の相場とお得な契約更新方法についてみていきましょう。

更新料の相場

更新料は、新たな契約期間を確保する手続きや管理のコストをカバーするために発生します。一般的には、1ヶ月分の家賃相当額が基準とされていますが、物件や地域によって異なります。都市部や人気のある地域では、相場が高くなる傾向があります。

したがって、更新料を支払う際には、周辺の物件や類似物件の相場を調査し、適切な金額を把握することが重要です。

お得な契約更新方法

・交渉する

更新料には一定の交渉の余地があることがあります。とくに長期滞在の入居者や、物件の空室率が高い場合には、不動産会社と交渉して更新料を軽減することができるかもしれません。事前に周辺の相場を調査し、交渉の際の根拠となる情報を持つことが大切です。

・他の特典を検討する

更新料を軽減する代わりに、敷金や礼金の免除、家具の提供などの特典を交渉してみるのもおすすめです。

・長期契約の検討

長期間の契約を検討することで、更新料の支払い頻度を減らすことができます。一度の契約更新で長期間の契約を結ぶことで、将来的な更新料の負担を軽減することができます。

・情報収集

更新料の相場や特典については、インターネットや不動産関連の情報サイトを活用して調査しましょう。同じ物件タイプや地域の入居者の声を参考にすることで、お得な契約更新方法を見つける手助けになるでしょう。

更新料の相場を把握し、お得な契約更新方法を見つけることで、将来の住まい計画における経済的な負担を軽減することができます。事前の調査や交渉を通じて、自身にとって最適な条件で契約を更新することを目指しましょう。

まとめ

賃貸の更新料は、新たな契約期間を確保するための手数料であり、物件や地域によって異なる相場が存在します。更新料は一般的に支払い義務があり、支払わない場合には契約更新が難しくなる可能性や法的な問題が発生することがあります。しかし、交渉や周辺の相場調査を通じてお得な契約更新方法を見つけることもできます。長期契約や他の特典の検討、交渉による料金の軽減などがあり、これによって将来の経済的負担を軽減し、賢明な契約更新が可能となります。

WRITER沢野圭太
埼玉県出身。不動産歴6年。
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナーとしての視点で不動産情報を日々発信しています。
自身も不動産屋として接客の経験を持ち、本当に求められる安心できる不動産屋情報の発信に努めています。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

賃貸でよく目にする「ハイツ」とはどんな物件なのでしょうか。この記事では、その意味やほかの名称との違い、特徴について解説します。ハイツのポイントを押さえながら、アパートやマンションとの比較も行
続きを読む
テラスハウスは、その名前から居心地のよさや開放感が感じられますが、実際はどのような物件なのでしょうか?この記事では、テラスハウスの魅力的な特徴や住む際のメリット・デメリットを掘り下げてご紹介
続きを読む
内見時のチェックで重要なのは壁の厚さと防音性です。これらは快適な生活に直結するポイント。本記事では、内見の際にどのようにして壁の厚さを確認し、防音性をチェックするかについてご紹介します。物件
続きを読む