こんな不動産会社はNG!不動産会社選びで失敗しないチェックポイント

公開日:2023/04/01  最終更新日:2023/03/28


不動産の賃貸や購入を検討する際、どこの不動産会社に仲介を依頼するかは、とても重要なポイントです。残念ながら、数ある不動産会社の中には、あまり親切ではなかったり、悪徳な会社も存在したりします。この記事では、不動産会社選びで失敗しないように、選び方のポイントなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

こんな不動産会社は要注意!

法に触れていなくても、悪い不動産会社を選んでしまうと、自分が損をしたり、理想の家に住めなかったりします。注意すべきポイントを把握しておき、安心・安全な不動産会社を探しましょう。

宅建免許の処分歴がある

不動産会社は、不動産取引をするために、免許を取得しています。免許が取消されたり、処分されたりした過去がある場合は、なんらかの過失があったということです。免許処分がされる理由として、会社の役員が刑罰を受けた、不動産取引で不適切行為を行なった、免許更新の手続きを怠ったなどが挙げられます。

ほかにも、さまざまな理由が考えられますが、処分がされるということは、なにかしら問題を起こしてしまった会社と考えるべきです。処分歴は、国土交通省のサイトから調べられるので、気になる不動産会社があるときは、チェックしてみてください。

誇大広告の疑いがある

不動産会社が広告する際、誇大広告をしてはいけないという、決まりがあります。絶対・必ずといった、断定的な表現もNGです。ここまで分かりやすい言葉を使う会社は、そうそうありませんが、大げさに聞こえる言葉で勧誘してくる場合は、特に注意して鵜呑みにしないようにしましょう。

メリットしか言わず契約を迫ってくる

不動産会社の営業マンは、自社の利益のために、契約を取れるよう努力しています。しかし、自社の利益しか考えていない場合、お客さんの条件やメリットを、後回しに考える人もいます。物件のメリットばかりを伝えてきて、注意点やデメリットはなにも伝えてくれない、ほかの人が契約する前に早く申し込んでくださいなど、契約を迫ってくる営業マンや会社には気をつけてください。

不動産会社選びで失敗しないポイント

実際に店舗に行き担当者と話すまで、その不動産会社が自分と合うかは、なかなか判断しづらいです。しかし、ある程度ポイントを確認しておくことで、会社の特徴を把握することはできます。

希望条件に優先順位をつけておく

家を借りたり購入したりする際、それぞれの希望条件があると思います。しかし、理想を挙げるときりがないので、希望条件に優先順位をつけることも大切です。自分や家族の、譲れないことを明確にしておくことで、担当者の勧誘や話に惑わされないようにしておきましょう。もちろん、話を進めていくなかで、納得して条件を変えることは問題ありません。

複数のサイトをチェックする

最近では、物件を選ぶ際に、まずインターネットで調べる方が増えてきました。サイトは複数あり、大手が運営するものには、物件もたくさんあります。また、不動産会社の公式ホームページで、自社が扱っている不動産を紹介しているところもあります。

大切なのは、気になる物件があっても焦らず、複数のサイトでチェックすることです。見比べていると、同じ物件でも、情報が違うことがあります。同じ物件でも、ほかの会社が取り扱っていることもあるので、複数のサイトでチェックするようにしましょう。

仲介手数料や諸費用は会社によって違う

仲介手数料とは、物件を紹介してくれた不動産会社に払うものです。仲介手数料の相場は、家賃の1か月分ですが、会社や物件によって差があります。気になる物件が見つかったら、ほかのサイトや会社と比較して、費用の差があるかを確認しましょう。

また、そのほかの費用にも違いがあります。不動産会社によっては、引越し時に、クリーニングオプションなどをすすめられます。必要であれば問題ないですが、担当者の話をしっかり聞き、無駄な費用を上乗せされないように気をつけてください。

同一企業でも店舗や担当者による違いがある

大手の不動産会社であれば、安心感を持つ方もいるかと思います。しかし、同じ不動産会社でも、店舗や担当者によって、対応・知識はさまざまです。目的は部屋を借りることですが、担当者とのコミュニケーションは欠かせません。人と人なので、どうしても合わないこともあります。まずは、店舗の雰囲気や、スタッフの対応をチェックして、ストレスなく部屋探しをすることが大切です。

不動産会社選びをする前にしておくこと

不動産会社選びで失敗しないためには、ここまで紹介したように、事前の準備が大切です。まずは、自分や家族の希望条件を考え、優先順位をつけておきましょう。担当者との話に役立つだけでなく、サイトを使う際、たくさんの物件の中から、希望に合ったところを選びやすくなります。気になる物件があったら、ほかのサイトでも同じものがないかチェックしましょう。不動産会社に行き、万が一、担当者と合わなかったり、希望と違う物件だったりする場合は、遠慮せず違う不動産会社で探しなおしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?この記事では、家の購入・賃貸を検討している方に向けて、不動産会社選びのポイントをご紹介しました。理想の家に住むための第一の関門は、不動産会社選びと言ってもよいでしょう。

WRITER沢野圭太
埼玉県出身。不動産歴6年。
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナーとしての視点で不動産情報を日々発信しています。
自身も不動産屋として接客の経験を持ち、本当に求められる安心できる不動産屋情報の発信に努めています。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

賃貸でよく目にする「ハイツ」とはどんな物件なのでしょうか。この記事では、その意味やほかの名称との違い、特徴について解説します。ハイツのポイントを押さえながら、アパートやマンションとの比較も行
続きを読む
テラスハウスは、その名前から居心地のよさや開放感が感じられますが、実際はどのような物件なのでしょうか?この記事では、テラスハウスの魅力的な特徴や住む際のメリット・デメリットを掘り下げてご紹介
続きを読む
内見時のチェックで重要なのは壁の厚さと防音性です。これらは快適な生活に直結するポイント。本記事では、内見の際にどのようにして壁の厚さを確認し、防音性をチェックするかについてご紹介します。物件
続きを読む